Bookness and Thereness 本と出版と情報とその周辺のニュースまとめ

毎日の出版業界・図書館・情報学関連のニュースをまとめたブログです。扱う領域は書店・出版社・図書館・取次・本(電子書籍も)とその周辺について。

2019/08/18 東急ハンズ池袋店が大規模リニューアル、店舗の中心を「モノからヒト」へ

東急ハンズ池袋店が大規模リニューアル、店舗の中心を「モノからヒト」へ - BCN+Rwww.bcnretail.com

モノからコトへのシフトは小売業界で数年前からトレンドになっているが、自社ならではの色を出すとなるとなかなか難しい。これまでの売り場を維持しつつ、となるとなおさらだ。リニューアル後の東急ハンズ池袋店にもそうしたジレンマはあったはずだ。もともと1階フロアにあったトレンドものを各フロアに散らしたり、売り場の少なくないスペースを削ったりと身を切る覚悟があったことが、随所から伝わってきた。売り場を回って感じたのは、「モノからコト」というより「モノからヒト」への変化だ。「モノを買う場所」から「ヒトが集まる場所」へ。店舗のあり方そのものを変えようと考えているからこそ、これだけ大胆に攻める必要があったのだろう。

 

【紀伊國屋書店神戸店(そごう神戸店新館)】神戸阪急の開業は10月5日 そごうは9月30日で営業終了

www.kobe-np.co.jp

そごう神戸店(神戸市中央区)から屋号を変更する「神戸阪急」の営業を10月5日から始めると発表した。そごう神戸店は9月30日で営業を終え、新規営業に必要なレジシステムの変更などで4日間休業する。神戸阪急での開業に際して館内も改装する。

 

【Day & Books】山形一小旧校舎にブックカフェ 文化創造都市の拠点に

www.kahoku.co.jp

twitter.com

ブックカフェは活用実験の第1弾で、文化芸術関連の書籍を中心に約370冊をそろえた。一角に設けられたカウンターで、コーヒーなどを販売。利用客はかつて小学校で使われていた学習机で、コーヒーを飲みながら読書を楽しむことができる。

 

【文教堂/アニメガ仙台ロフト店】本日、18日で閉店! ついに本日最終営業日となります。

 

西八王子駅南口の書店『ブックランド島村書店』の店主様から皆様へ閉店のご挨拶が貼ってありました。営業は8月30日迄だそうです。

 

TSUTAYA児島店 『 閉店のお知らせ 』(倉敷市)

store-tsutaya.tsite.jp

 

【日販(NICリテールズ)子会社/旧リブロ・万田商事(オリオン書房)・あゆみBOOKS】「昔のリブロ」ではなく、現在進行形の話をしよう。【連載】リブロプラスとは何か(1)(野上由人営業本部長)

libroplus.co.jp

 

【アルトスブックストア/ハンバートハンバート】書店と交流13年、全国的知名度に 夫婦デュオ9月に初ライブ(松江市)

www.sanin-chuo.co.jp

過去記事参照:

honchu.jp

おそらくアルトスがメディアに取り上げられるようになったのは、店内ライブがきっかけだったんじゃないかと思っています。最初のライブイベントもハンバートハンバートさんなんですね。そのライブがあったから、他のミュージシャンからも開催依頼が来るようになったんだと思います。

 

【Readin’ Writin’ BOOKSTORE/三輪舎・中岡祐介氏/H.A.Bookstore・松井祐輔氏】連続トークイベント『小さな出版社のつづけ方』vol.4 2019年8月17日(土)

readinwritin.net

今回のゲストは、2児の父として 家事育児をこなしながら 出版活動をつづける三輪舎の中岡祐介さんと、小さな出版社に在籍しながら、自らの会社でも出版・流通・書店の3つを手掛けるH.A.Bookstoreの松井祐輔さんをお迎えします。小さな出版社を長くつづけていくためには、資金や企画だけではなく、持続可能なはたらき方が欠かせません。ややもするとブラックな働き方が賛美されがちな出版業界での新しい働き方について、おふたりとともに考えていきます。

 

日韓:今こそ草の根交流 青少年交流/映画上映/書店フェア - 毎日新聞mainichi.jp

大阪市北区の清風堂書店は今月から「日韓友好フェア」を始め、韓国の歴史や日本との交流を扱った本など十数点を店頭に並べた。面屋洋(おもやひろし)店長は「本を通じ互いの歴史を理解してほしい。まとめ買いしてくれる人もいる」と話す。

 

ネコオドル(寄居町) 猫好き、思わず手に 地元愛もニャンダフル /埼玉

mainichi.jp

twitter.com

店舗に立つのは図書館の仕事が休みの時で、週1回程度だったが「お客さんとゆったりと話せるのが本屋のおもしろさ」という発見があった。図書館司書も「公共施設で住民と関わる責任感のある仕事」と再確認。司書を続けながら、祖母が営んでいた小さなたばこ屋を改装して本屋を構えることにした。プレオープンした3日には「寄居玉淀水天宮祭」があり、祭りへ行く町民や観光客が多く店に立ち寄った。町にあった鉢形城歴史小説地域活性化に関する本なども置く。「地域に寄り添い、地元の人に育ててもらえるような本屋にしたい」。

 

セブン沖縄進出1カ月 「本土らしさ」で集客力持続 :日本経済新聞www.nikkei.com

 

宅配、広がる「ウーバー流」 隙間時間に運転手副業 :日本経済新聞www.nikkei.com

 

【ぴいぷる】作家・綿矢りさ 芥川賞から15年、書けないスランプ…たどり着いた「生のまま」 (1/3ページ) - zakzakwww.zakzak.co.jp

 

【早川書房】現代中国最大のヒット作、『三体』が日本でも爆売れした理由。大森望×藤井太洋トークイベント採録(八重洲ブックセンター)

www.hayakawabooks.com

www.hayakawa-online.co.jp

中国ではいま、毎年3000人~5000人規模のSF大会を年に4回やっている。本当にすごい勢いです。日本の作家もどんどんそういうところに行ってみるといいと思います。

過去記事参照:

bookness.hatenablog.com

 

インドネシアで海外のベストセラー書籍の売り上げが伸びている理由|@DIME アットダイムdime.jp

かつては、「インドネシア人は本を読まない」「インドネシアでは本は売れない」と評されるほど読書習慣が根付いていなかった。インドネシア財政・開発監督庁(BPKP)は2014年頃から読書推進運動を展開、これを受けて各教育機関も図書館の充実や読書の有用性を学生に訴える動きが活発になってきているが、直接の書籍売り上げの上昇に繋がっているのはSNS効果によるものとみられている。InstagramやWhatsappsで気に入った文章を抜粋し掲載する若者や有名人が増え、読書への関心そのものが上昇していると考えられる。

 

アイ・ウェイウェイが研究チームを香港に派遣。デモの映像を作品化|MAGAZINE | 美術手帖bijutsutecho.com

 

【幻冬舎】キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得

www.sponichi.co.jp

 

急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集>

kabutan.jp

 

ニューヨーク公共図書館

www.1101.com

この映画のずいぶん前、2003年にニューヨークの図書館についていちはやく書籍で紹介されたのはジャーナリストの菅谷明子さんです。(略)菅谷さんが日本におられるあいだに、いくつかトークイベントが開かれるそうです。会場によっては席が残り少ないそうですが、お問い合わせください。

過去記事参照:

bookness.hatenablog.com

 

【県立長野図書館】図書館の公共機能考える 塩尻で座談会

www.shimintimes.co.jp

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』で描かれた、図書館の公共機能について語り合う座談会を開いた。映画を観賞した約30人が参加して、印象に残った場面や触発された言葉を語り、市民生活を支える図書館の可能性に期待を膨らませた。

 

【CCC/和歌山市学校図書館指定管理】いまさら人に聞けない 「偽装請負」って何?

sakujihyugatext.blogspot.com

和歌山市で、CCCが行うのは、新しい市立図書館の指定管理者としての管理運営業務なのですが、それとはまったく別に、密かに学校図書館への司書派遣業務もCCCが受託しているとの疑惑が持ち上がってきました。こちらは、指定管理ではなく、業務請負です。そのため、偽装請負になるリスクが危惧されています。