Bookness and Thereness 本と出版と情報とその周辺のニュースまとめ

毎日の出版業界・図書館・情報学関連のニュースをまとめたブログです。扱う領域は書店・出版社・図書館・取次・本(電子書籍も)とその周辺について。

2019/09/28 書店大手の文教堂、上場廃止の危機を免れるも「再建」はイバラの道

書店大手の文教堂、上場廃止の危機を免れるも「再建」はイバラの道 - M&A Onlinemaonline.jp

再生計画の柱は株式の第三者割当増資を通じた総額46億6000万円の金融支援。みずほ、三井住友、横浜、三井住友信託、商工組合中央金庫静岡銀行の主力6行が計41億1600万円について債務の株式化に応じる。この結果、文教堂GHDは金融機関からの借入金残高は60億円程度に約4割減少し、財務負担が軽減する。残りの借入金についても2025年8月末まで金利減免などの措置を受ける。取次大手の日本出版販売は5億円を出資する。文教堂GHDはこれを原資として、老朽化した店舗のリニューアルなどの設備投資に充てる。日販は、出版在庫のかかる既存債務の一部支払いについて再延長を認めるなど資金繰りも支援する。

 

昨年10月から今年7月にかけて約30社のスポンサー企業の候補先に打診したものの、日販を除き、関心を示したところはなかったという。日販と並ぶ大株主の大日本印刷は新たな出資を拒んだ模様。12月に行う第三者割当後、筆頭株主みずほ銀行(持株比率約19%)となり、日販、三井住友銀行横浜銀行が10%台で続く。

問題は計画通りに、2020年8月期末までに債務超過を解消し、再建の道筋を確固たるものにできるかだ。19年8月期は不採算店の閉店(約20店舗)などによるリストラ費用で赤字幅が拡大し、債務超過額は35億円に膨らむ見込み。(略)再生計画は明らかな縮小均衡型で、守勢が否めない。黒字定着を図る一方で、売上高は年々減り、2025年8月期には161億円(19年8月期見込245億円)に低下する計画を立てている。

 

書店の淘汰一段と 文教堂、不採算店閉鎖の再生計画 :日本経済新聞www.nikkei.com

27日の債権者会議で決まった文教堂の再生計画は、取引金融機関の債務の株式化や主要株主の書籍取次大手の日本出版販売からの金融支援などが柱だ。具体的な規模は明らかにしていないが、全国に約130ある店舗のうち、不採算店の閉鎖を進めるほか、現在は売り上げの約1割を占め、書籍に比べて利益率の高い文具の販売を強化する。同社は「これまで対応が場当たり的だったが、改革を加速したい」とする。赤字のキャラクターグッズ販売事業をソフマップに売却する方針も決めた。2019年8月期の連結最終損益は33億円の赤字見込み(前の期は5億9100万円の赤字)だが、21年8月期に黒字転換を目指す。

関連記事:

bookness.hatenablog.com


【誠品書店/有隣堂】台湾発「誠品生活」日本橋に初出店 書店中心に文具、台湾茶やスイーツも

www.j-cast.com

www.bunkanews.jp

「誠品書店」には、文学をメインに、人文、アート、デザイン、ビジネス、旅、料理など様々なジャンルから、誠品生活の独自の目利きでセレクトした日本の書籍が並ぶ。中央通りに面した窓の側には、長さ約30メートルの「文学回廊」が設けられ、名作文学が揃う。書棚と書棚の間にはソファ席が配置され、窓から差し込む自然光の中で読書を楽しめる。また、多種多様な日本の出版物の中から話題性や独創性の高い作品を選りすぐり、月に1度紹介する「誠品選書」などの企画・イベントも開催される予定だ。

 

【誠品書店】有隣堂/松信副社長が語る「誠品生活日本橋」運営への挑戦

www.ryutsuu.biz

――「誠品生活日本橋」と今までの書店運営の違いとは。
松信 書籍の選定から違います。日本の書店は、新刊の発売時期に左右される売り方になっていますが、「誠品生活」の中で書籍を扱う「誠品書店」では、新刊、既刊を問わず、今紹介すべき本をしっかり提案するというやり方をとっています。(略)

――書籍は何人で選定していますか。
松信 有隣堂では書籍の選定スタッフが4人で、台湾の「誠品生活」からは2~3人で選んでいます。本を紹介するだけでなく、本に加えてちょっとでも新しい文化を提案しよう、紹介しようという気持ちがとても強いです。また、物販・レストランもありますので、台湾から常時約10人が応援にきています。(略)

――「誠品生活」を既存店に導入しますか。
松信 まだこれからの店なのではっきりとした予定はないですが、誠品生活で好評だったイベントなどは、今後、既存店と連携したいです。東京ミッドタウン日比谷で展開している「HIBIYA CENTRAL MARKET」で人気の物販などは、既存店に取り入れています。


【日販/リブロプラス/YOURS BOOK STORE】書店とプレイパークの複合施設「BOOK PARK miyokka!?」11月中旬 三重県四日市のイオンタウン新店にオープン

hon-hikidashi.jp

 

神戸新聞NEXT|阪神|71年の歴史に幕 尼崎の三和書房、30日に営業終了www.kobe-np.co.jp

閉店後も教科書の取り扱いや予約販売などは続けるが、中島良太社長(59)は「地域に育ててもらった店を閉めることになり心苦しい」と話す。姿を消す老舗書店に、「親子三代で訪れた」という常連客から惜しむ声が相次いでいる。

2017年に大垣書店とFC業務提携を締結し、仕入を一本化していました(https://www.bunkanews.jp/article/117532/)。

 

書店新風会京都総会、大垣会長が「本の日」への協力状況など報告 - 文化通信社文化通信社www.bunkanews.jp

今年が2回目になる「本の日」については、今回から日本書店商業組合連合会(日書連)が事務局を務めていることや、出版社や業界団体に募っている協賛金が目標に近い金額に達していること、さらに日本雑誌協会を通じて出版社に要請している雑誌への1ページ無料広告掲載に25社、69誌から申し込みがあったことを報告した。

 

第8回九州選書市 過去最多の出展社 - 文化通信社文化通信社www.bunkanews.jp

過去最多となる出版社135社が出展し、157書店・269人が来場した。開催時間を従来より1時間延長し、活発な商談で会場は熱気に包まれた。
今回は初めて「九州選書市実況中継LINEルーム」を開設。コミュニケーションアプリ「LINE」のOPENCHAT機能を使い、このルーム専用の名前を登録し、情報交換の場として出版社ブース、新刊、販促物の紹介、会場の様子、要望ほか情報交換の場として活用できる。版元、書店員ら140人近くが登録し、閉会後もさまざまな会話が続いている。


【啓文社コア神辺店】生タピオカドリンク専門店「瑪蜜黛(モミトイ)」が啓文社コア神辺店1階の本日オープンしました!書店併設のタピオカドリンク専門店は全国初かも!?

 

【日販/YOURS BOOK STORE/ヤッホーブルーイング】「クラフトビールと本」のペアリングを探る【#本にあうビール】がはじまります

yonasato.com

yonasato.com

 

【バリューブックス】街の化学変化は、フリースクールと古本が触媒!? ~ 本の街・上田を歩く

news.yahoo.co.jp

単純作業になりがちの中古書籍の販売作業ですが、そこに「誰かの為に」を入れてみたら面白いんじゃないか。そこから生まれたのが古書店の「コトバヤ」などの中間就労現場(就労訓練事業)でした。バリューブックスとの協力があり、なにより、社会から逸脱したと思い込んでいた若者たちの心を社会に戻していく様は本当に感動的でした。私たち支援団体だけではできないことがバリューブックスが実現してくれた。本を通じて、この上田の街で、官民協働・企業間協働など、様々な多様性を孕んだ『連携』が、人を幸せに導く化学反応を起しているのを多くの方に見てほしいですね。

 

【retri(レトリ)】外から見たらまるで本屋! 本好きが集まる“文学堂美容室”

www.1242.com

www.retri-bungakudo.com

店内の本棚には小説、歴史書、美術本、実用書、写真集、マンガなどなど、あらゆるジャンルの本が生田目さん独自の分け方で並べてあります。オープンして1年近く経ったいまでも、本屋さんと間違えて入って来る人が後を絶たないとか。そんなときも生田目さんは、「うちは美容室なんですけど、よかったら、お好きな本を読んで行ってください」と、優しくお客さんに伝えます。もちろん、席料は無料。「本だけ読みに来る方も歓迎ですよ。本の貸し出しもしています」。普通の美容室なら、座席の前に雑誌が置いてありますが、「レトリ」のお客さんは周りの本棚から好きな本を手にとって、生田目さんが髪を切っている間、じっくり読むことができます。

 

【日販】ホテルのパーティルームで、大好きな作品との婚約式! 会場限定で初のキンプリ検定も実施! 「『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』煌めきエンゲージ上映会」開催決定!

www.nippan.co.jp

 

文具やコスメ2万種類 ファボーレ「富山ロフト」 | 北日本新聞this.kiji.is

10月19日に増床リニューアルするファボーレ(富山市婦中町下轡田)に出店する「富山ロフト」の概要を発表した。売り場面積は標準規模の960平方メートル。文具やコスメ、バラエティー雑貨など2万種類を取り扱う。県内初店舗で、国内では123店目。

 

ドローンで商品 お届け 五島市が物流実証 福江島のスーパーから赤島、黄島へ - 長崎新聞 2019/09/27 [14:00] 公開www.nagasaki-np.co.jp

 

「文化庁が負ける公算も高い」 あいトリ補助金問題、弁護士が予想する裁判の行方 : J-CASTニュースwww.j-cast.com

「訴訟になれば、文化庁の方が負ける公算も高いのではないかと思っています。批判されたから補助金を出さないと見られてしまい、苦しい理由だと思うからです。民間のスポンサーの判断ならいいでしょうが、行政は、他の展示会への処分と公平でないといけないでしょう。今回の決定を認めると、脅迫をすればよいことになり、主催者への不利益が生まれてしまいます」
文化庁側は、展示会の中身は関係ないとしているが、深澤弁護士はこう言う。「表現の自由をうたった憲法第21条は、争点になると思います。今回が認められれば、お金をもらえるような表現を国が選べることになり、表現の自由を侵害することにもつながるからです」

 

「表現の自由」制約の恐れ 補助金不交付に憲法学者は [「表現の不自由展」中止]:朝日新聞デジタルdigital.asahi.com

国が求めるように、展示作品を決めた段階で予想される社会からの反響を国に伝えなければ補助金が支給されないという仕組みになれば、何が起きるか。少しでも物議をかもしそうなイベントは、補助金の決定に影響するから差し控えようという配慮が働くようになるだろう。社会全体で、表現が流通する余地が狭まれば狭まるほど、表現に触れる機会は減り、「表現の自由」は制約される。

そもそも、安全対策や警備ができるかは、文化庁による審査の対象なのか。法的には補助金の交付の審査は、補助事業の目的にかなうかどうかで行うものであり、文化庁による助成であれば、芸術的に助成する価値があるかが問題なはずだ。一般的に求められる程度を超える安全対策は、愛知県や警察との関係での問題だろう。本来考慮すべきでない事項を過重に考慮する「他事考慮」を行っているとすれば、権限の逸脱になる。

 

「文化庁が文化殺すな」長官ゆかりの東京芸大で抗議集会 [「表現の不自由展」中止]:朝日新聞デジタルdigital.asahi.com

脅迫を含む電凸(とつ)をすれば一部の展示が中止され、文化庁助成金を取りやめることが前例化すれば、日本はテロと戦う気がないと全世界に発信するばかりか、文化庁が脅迫に手を貸すというメッセージにもなりかねない

 

ダウンロード違法要件、絞り込み検討へ 著作権法改正案:朝日新聞デジタルdigital.asahi.com

ネット利用を萎縮させると懸念が相次ぎ、3月には国会提案が見送られていたが、今回は違法となる要件を絞り込むことも視野に入れている。

文化庁パブコメなどの結果を参考に、改めて有識者による検討で法改正案を練る。いったん見送られた法改正案にはこだわらず、要件の絞り込みも検討する見通しで、早ければ来年の通常国会にも法改正を目指す。漫画の深刻な海賊版被害を受け、25日には、日本漫画家協会と出版9団体でつくる出版広報センターが、ユーザーに過度の萎縮が生じない形でのダウンロード違法化などを求める共同声明を公表していた。

 

2019年(1-8月)「出版業」の倒産状況 : 東京商工リサーチwww.tsr-net.co.jp

2019年(1-8月)の「出版業」倒産は26件(前年同期比116.6%増)で、前年同期比2.1倍増と大幅に増加した。すでに2018年の年間件数22件を上回り、このペースで推移すると7年ぶりに年間40件以上に達する可能性も出てきた。

負債額別では、1億円未満が20件(前年同期比150.0%増、構成比76.9%)と、小規模出版社が全体の約8割を占めた。このうち、1千万円以上5千万円未満が13件(同160.0%増、同50.0%)、5千万円以上1億円未満が7件(同133.3%増、同26.9%)だった。1億円以上5億円未満は5件(同150.0%増、同19.2%)、5億円以上は1件(同50.0%減、同3.8%)にとどまった。

過去記事参照:

bookness.hatenablog.com

 

【ライザップ】日本文芸社・吉田社長 「実用書とマンガに絞る」 9月に新社屋へ移転

www.bunkanews.jp

かつては雑誌の売り上げが8割ほどを占めていたが、今は書籍が4割ほどに拡大した。吉田社長は今後の舵取りについて「実用書籍とコミックに絞っていく」と話す。2017年からは実用書のプロモーションとしてワークショップやスポーツトークショーなどのイベントに力を入れている。その模様は自社運営の手工芸と暮らしのサイト「つくりら」や、スポーツトークショー・コラムサイト「ラブすぽ」で発信する。吉田社長は今後、こうしたイベントを書店店頭で開催することを考えており、10月には有隣堂で、折り紙本としては異例の10刷7万部を超える『カミキィの季節のおりがみ』のワークショップを開催する。

 

【愛育出版】総会屋のドンが社長に!? 元社員が語る『キネマ旬報物語』、映画ファンなら”絶対読むべき”理由とは?

www.cyzo.com

「世界最古の映画雑誌」と言えば聞こえはいいが、掛尾はキネマ旬報社という会社が一貫して「編集と経営のバランスが常に課題であった」として、その時々の経営陣のミスジャッジや能力不足を暗に指摘する。たびたび襲う経営難やカネのトラブルが“人災”によるものであったことも、行間から読み取れるのだ。

なおキネマ旬報社は、掛尾が退職した2013年頃からの緊縮体制が限界を迎え、2017年、新たな株主を得て経営体制が一新された。400ページ超の労作。決して読みやすい本でも、快適な読後感が約束される本でもない。しかし、映画産業に少しでも関わる者、出版に少しでも関わる者ならば、本書の内容を完全な他人事にすることはできないだろう。

 

出版社と売上高の関係をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュースwww.garbagenews.net

2018年においては計測対象の出版社は3058社。そのうち売上高が100億円以上の企業は全企業数の1.0%(30社)でしかないが、その1.0%の数の企業による売上高は総売上高の44.9%になる。10億円以上で区切れば企業数では7.8%だが、売上高では82.0%と4/5すら超える。売上高1億円未満の企業は企業数で65.7%とほぼ2/3だが、それらの売上をすべて合わせても、総売上高の4.2%に過ぎない。

 

出版物の分類別売上推移をさぐる(2019年公開版)(不破雷蔵) - 個人 - Yahoo!ニュースnews.yahoo.co.jp

 

科学道100冊(2019年)というサイトで紹介されている書籍リストが素晴らしいと思ったんですが、ISBN付きのリストが無かったので勝手に作りました。|高島利行|notenote.mu

kagakudo100.jp

過去記事参照:

prtimes.jp

 

【京都国際マンガミュージアム】原作者直筆コメントも多数の美麗極まる「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~ おこしやす京都篇」(2019年9月21日(土)〜12月22日(日))

gigazine.net

 

【田端文士村記念館】芥川自殺前の自筆原稿を初公開へ 衰弱と悲壮の文学論

this.kiji.is

 

海外出版セミナーのご案内「中国出版市場の“いま”」大手民営出版社・新経典が語る中国出版事情と日本のコンテンツを届ける販売方法(11月5日10:00~)
http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/shinkeiten.pdf

 

台湾の書籍を翻訳出版する海外の出版社に助成金支給、申請受付開始(10/1~10/31)

www.roc-taiwan.org

台湾の文化部(省)は、台湾の出版品の多元性を紹介するサポートをしており、台湾の書籍を翻訳出版する海外の出版社に、助成金を支給します。

 

国立国会図書館、NDL書誌情報ニュースレター2019年3号(通号50号)を公開 | カレントアウェアネス・ポータルcurrent.ndl.go.jp

www.ndl.go.jp

NDLにおける書誌・典拠のあゆみ、全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会の開催報告や日本十進分類法(NDC)新訂10版分類基準の改訂に関するお知らせ等を掲載しています。

 

図書館の貸出冊数や利用者動向をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュースwww.garbagenews.net

 

東京都立高・図書館の運営民間委託、偽装請負発覚でスキーム破綻…必要な司書数を配置せず | ビジネスジャーナルbiz-journal.jp

都教委が根気強く指導したにもかかわらず、司書配置については一向に改善されている様子は窺えない。つまり、不祥事を起こした1社だけの問題ではなく、そもそも都立高校の学校図書館・民間委託のスキーム自体に無理があるのではないかと考えざるを得ない。

 

「民間委託」の崩壊

sakujihyugatext.blogspot.com

実は、都立高校で起きたことは、すでに全国の学校図書館でも頻発しています。近く、和歌山市でツタヤ図書館をオープンするTSUTAYAの本部・CCCが、市内小中学校に司書を「派遣」して、学校図書館の運営まで任されるとされていますが、都立高校と同じような問題が起きるリスクについては、まったくといっていいほど考慮されていません。和歌山市が市民に対して説明している「市民図書館から、学校図書館へ司書を“派遣“してもらう」という表現は、偽装請負と認定されかねないリスクに対して、あまりにも無知です。