Bookness and Thereness 本と出版と情報とその周辺のニュースまとめ

毎日の出版業界・図書館・情報学関連のニュースをまとめたブログです。扱う領域は書店・出版社・図書館・取次・本(電子書籍も)とその周辺について。

2019/12/29 「お堅い」大学出版部が“変化球”の本、続々と

「お堅い」大学出版部が“変化球”の本、続々と(1/2ページ) - 産経ニュースwww.sankei.com

www.ajup-net.com

www.utp.or.jp

www.osaka-up.or.jp

東京大学出版会が10月に出した「攻めてるテレ東、愛されるテレ東」はソフトカバーで、タイトルも個性的。学術書らしい堅苦しさがない。後発民放局のテレビ東京が冒険心と独特の「ゆるさ」を武器に支持を広げていく過程を社会学者が考察した1冊だ。「読者を広げたい。東大出版会も“攻めてる”イメージを出せたら」と担当編集者の木村素明さん。通常の学術書と比べて倍以上の部数を刷り、価格も学術書では比較的安めの2400円(税別)に抑えた。

大学出版部は全国に70ほどあるとされる。教員らの研究成果を盛り込んだ学術書や、学内向けの教科書などの出版が主な活動。大学の一部局として教科書にほぼ特化した小規模な所も多い。ただ、東大出版会のような財団法人や、株式会社といった独立した形態をとる組織もあり、「きちんと収益を上げなければ生き残れない点で一般の出版社と何ら変わらない」(東大出版会)。

学術書として異例の1万5000部に達し、今年文庫化された大阪大学出版会の「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」のような成功例も出ている。紙の書籍の販売額がピークの約6割にまで縮んだ出版不況下で、書店の数も減少が続く。全国28の大学出版部(今年8月現在)が加盟する大学出版部協会(東京)の黒田拓也代表理事は、「店頭で本を売れる機会が減り、長く収益を支えてきた既刊のロングセラーが振るわないのが学術書や専門書出版社に共通する悩み。新刊でいかに個性を見せられるかが大事になってきた」と指摘している。


女性が支える出版 顕著 生きる知恵 本に学ぶ

www.nikkei.com

www.nikkei.com

年間で刊行部数が最も多かったのは、昨年9月に亡くなった女優、樹木希林が生前の対談などで残した言葉を集めた新書の『一切なりゆき』。山あり谷ありの人生を振り返った含蓄ある発言の数々が、幅広い年齢層の女性の支持を得た。

今年はまた、韓国小説の翻訳出版が相次いだ年でもある。日韓関係は文芸という視点から見る限り「政冷・文熱」と言えるほどの状態だった。筆頭は『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)。女性が社会で出合う様々な差別や困難を描いた同作品は、単に韓国発というだけでなく、文学におけるフェミニズムという観点からも関心を呼んだ。女性の書き手と読者が出版のトレンドを左右する傾向は、年を追うごとに強くなっている。

 

(ひもとく)今年売れた本 「自分で考えて」という人に頼りすぎ 武田砂鉄:朝日新聞デジタルdigital.asahi.com

今年は、どの書店を訪ねても、入り口付近に積み上げられた樹木希林の微笑(ほほえ)みに出迎えられた。昨秋に亡くなって以降、彼女の言葉が「名言」として伝えられ続けているが、本人がどう考えていたかといえば、「私の話で救われる人がいるって? それは依存症というものよ、あなた。自分で考えてよ」(「AERA」2017年5月15日号)であった。

 

【野村呼文堂香里店】香里本通町の野村呼文堂がリニューアル!京阪の高架化事業で線路沿いからザ・香里園タワー横に移転

www.neyagawa-np.jp

 

【リブロプラス】「ここるく」ママのお店訪問レポート リブロ南町田グランベリーパーク店

libroplus.co.jp

 

日販さんの客注台帳の三葉タイプが製造中止の衝撃。

 

「渋谷パルコ」行ってわかった斬新な見どころ 「ほぼ日」や「AKIRA」にひたれるスペースも

toyokeizai.net

過去記事参照:

bookness.hatenablog.com

www.wwdjapan.com

 

セブン&アイHD出版事業撤退 21年にも会社清算 :日本経済新聞www.nikkei.com

過去記事参照:

bookness.hatenablog.com

 

「鬼滅の刃」2500万部の衝撃 アニメを起爆剤に社会現象化 「大人女子」にもヒット:イザ!www.iza.ne.jp

アニメ放送が終了した今年9月には1000万部を突破、11月末には電子版を含めたシリーズ累計発行部数が2500万部を超えるという爆発的な伸びを見せた。4日発売の第18巻は初版の発行部数が100万部という強気ぶりだが、それでも「書店で売り切れている」とSNSで嘆く人は少なくない。「作品を知ってもらう意味で漫画のメデイア化は大きい。売上も伸びる」(出版関係者)というのが定説だが、ここまで極端な例は珍しいだろう。

 

『進撃の巨人』諫山創が「連載完了」を宣言 2020年の抱負に早くも「進撃ロス」 | マグミクスmagmix.jp

12月27日(金)、「別冊少年マガジン」の公式Twitterアカウントは、「マガジン年末交流会」に参加した漫画家による直筆イラストとサインを公開。そのなかで、諫山創氏の作品を投稿しました。諫山創氏が描いたのは、拳を振り上げた『進撃の巨人』主人公のエレン。サインの傍らには、ミカサが描かれています。そして力強い字体で「2020年の抱負」として、「連載完了!!」の文字。

 

Netflixのアニメ強化は、2020年も止まらない|WIRED.jpwired.jp

一連のアニメ強化策が功を奏し、「過去12カ月で日本発アニメ作品の視聴時間が急成長。ほぼ2倍に拡大しました」と、ネットフリックス日本法人のクリエイティブ・プロデューサーである櫻井大樹は明かす。彼はネットフリックス日本法人として初のアニメクリエイティヴ担当である。(略)

アニメスタジオの囲い込みは、プロダクションI.Gとの包括提携のような動きに象徴される。ネットフリックスが包括提携する日本のアニメスタジオは、すでに5社に拡大している。「中長期的にオリジナル作品に取り組む体制を整え、東京を拠点とする“チームアニメ”としてロサンジェルスの本社とも連携も密にしていく」と、櫻井は言う。

過去記事参照:

gigazine.net

tabi-labo.com

news.kodansha.co.jp


【小学館】No.1少女まんが誌「ちゃお」2月号ふろくは、超豪華なプラチナまんが家セット!!

prtimes.jp

過去記事参照:

mantan-web.jp

www.oricon.co.jp

付録が年々“豪華さ”を増す中、付録開発の担当者が頭を抱えているのがコストだ。少しでもコストを削減するため、付録は海外で製造しており、もっかの最大の“天敵”は為替という。

 

【福音館書店】育児寄り添い「母の友」800号

mainichi.jp

創刊したのは松居直さん(現・同社相談役)。子ども向けの本がまだ少なかった時代に、短いお話を毎月30編掲載。1日1話読み聞かせできるよう工夫されていた。その後、児童文学作家が作品を寄せるようになり、長編童話の連載も始まる。「ぐりとぐら」「おしゃべりなたまごやき」「魔女の宅急便」など今なお愛される物語の数々も、この雑誌から生まれた。(略)

多くの有名画家や絵本作家、イラストレーターが表紙を手がけてきたのも特徴だ。これまで和田誠さんや安野光雅さん、林明子さん、酒井駒子さんらの作品が登場した。13年4月号からは2人組の人気イラストレーター「100%ORANGE」が担当している。

過去記事参照:

www.nikkei.com

 

桜美林大学、英語授業外注化を一方的に通知、詳細説明せず…外国人講師との団体交渉拒否biz-journal.jp

大学が今年7月に英語を担当する教員に対しニュースレターで通知していたのは、来年度から芸術文化学群の英語の授業を、ベネッセグループ傘下で英会話教室などを運営するベルリッツ・ジャパンに外注化すること。さらに、その結果として担当科目に大幅な変更が生じると伝えていた。

 

東野圭吾氏「なんだジジイか…」秀逸だったあいさつ - 芸能 : 日刊スポーツwww.nikkansports.com

 

【ポプラ社】原ゆたかさん・原京子さんインタビュー:“夫婦”で作った「かいけつゾロリ」スピンオフ

hon-hikidashi.jp

 

(惜別)熊澤正人さん 装丁家・元日本図書設計家協会長:朝日新聞デジタルdigital.asahi.com

装丁家は表紙、見返し、扉、帯のデザイン、用紙や栞紐(しおりひも)の選定まで、造本に関わる意匠を受け持つ。熊澤さんは若い人にその仕事を問われて「編著者が出した素材に気配りして腕によりをかける料理人かな。ならば書店はレストラン」と答えた。長野県生まれ。1978年にブックデザインを手がける「POWER HOUSE」を設立した。85年に日本図書設計家協会を仲間と創立し、2007~10年には会長を務めた。

 

動くインタラクティブな電子書籍は子どもの学習に役立つかもしれない | TechCrunch Japanjp.techcrunch.com

アニメーションがある本を読んだ子どもたちは、15〜20%も多く内容を覚えていた。最も効果的だったのは、子供がそれについて何かを言ったり尋ねると、反応があったケースだった(ただし自動的にではなく、大人が読みきさせる必要があった)。(略)

これは、子ども向けの本はすべてアニメーション化されるべきだ、という意味ではない。伝統的な本にはそれぞれ独自の利点があり、絵本を読む時期を卒業すると、これらのデジタル革新はあまり役に立たない。むしろ重要なのは、電子書籍は有用なものであり、子供向けの図書館に並べられることは、無意味ではないと示すことだ。しかし同時に、学習効果の向上を目標にしてデジタル機能を導入、調整することが重要であり、どのようにして行うのが最適かを、正確に判断するために調査を行う必要がある。